アニメの制作現場の実態


プリント
アニメ制作現場ってどんな風に回ってるの?

そう思う人もいますよね。

その仕事を深く知らないことには興味があっても、大阪の専門学校に通ってアニメ業界に就職するという決め手にはなりませんからね。

ここでは、アニメの制作現場でどのようにアニメが作られているのか。

アニメを作ってどれだけのお給料がもらえるのかなどなどを見ていきたいと思います。

アニメの現場を知って将来、活躍できるアニメーターを目指そう!


・アニメ制作について

アニメ制作にはとても多くの人が携わります。

それを確認するには、何でもいいのでアニメのエンディングのエンドロールを見てください。

そこにはそのアニメ制作に関わった人たちの名前で埋め尽くされています。

アニメ映画にでもなれば時間も増えるので、その分の制作スタッフも増えます。

しかし、実はアニメ制作に関わっているのはエンドロールに名前が出ている人だけではありません。

あそこに名前が載っているのは制作に関係している中でも主要なメンバーだと思ってください。

また、アニメ制作はチームなどで全てをやるのではなく、分野に特化した人がその分野を担当します。

例えば作画をやる人、音楽を担当する人、仕上げをする人、声を当てる人などです。

このように多くの人が関わってアニメは作られています。


・原画さんと動画さん

アニメの作画を担当する人のことをアニメーターと呼ばれます。

アニメーターは、動きの要所を描く「原画さん」と原画と原画の間、つまり動きの部分を描くのが「動画さん」と言われその二つに別れています。

最初アニメ制作会社に入ったら「動画さん」からスタートします。

そこから知識や技術を蓄えて、将来「動画さん」から「原画さん」にいったりします。

中には「動画さん」のほうがあっているからと動画をずっと担当する人います。

自分の向き不向きを考えてアニメ制作に関わっているということですね。


・アニメ制作会社のお給料ってどれくらい?

これはアニメ制作会社によって単価が違うので一概に示すことができません。

基本的には原画一枚、動画一枚の単位でお給料が加算されていきます。

これは原画や動画の難しいさや複雑さは関係なく、本当に一枚単位で計算されていきます。

また、普段のテレビ放送のアニメより映画館で放映されるアニメのほうが一枚あたりの単価はいいです。

その代わりアニメ映画の場合、作画チャックはとても厳しいとです。それだけ作画の単価が影響して生きているということでしょう。

確かにアニメ映画とテレビ放映のアニメを比べるとクオリティに差があるものも見受けられますよね。

テレビのアニメ放送はたまに作画崩壊しているものを見かけることもあります。

なぜこのような差が影響してきているのでしょうか?

いずれにせよ、アニメーターとして価値のあるアニメ作品を今後も生み出していきたいですよね。

ゲーム専門学校で「自分はアニメーターとしてナンバーワンになるんだ」という意気込みで学んでいただきたいと思います。

特に近年は2次アニメだけではなく、3DCGを駆使した立体的なアニメも多くなっていますので、きちんと専門学校で3DCGの能力をつけましょう。

アニメの3DCGは専門の学校で集中的に学んで覚えよう

アニメ製作の内部事情!